車を購入する前に

自動車を購入するにあたって重要なポイントと流れを説明

必要な物 / 諸費用
【車を購入するために必要な物】
車を買うためには、新車、中古車を問わず「お金はあるからすぐにでも」というわけにはいきません。車両本体の代金の他、諸費用などの代金と実印と印鑑証明、そして車庫証明が必要になります。
この車庫証明を取得するのも、自宅から直線距離で2km以内に車庫(駐車場)が必要となります。
つまり、いくらお金があっても車庫(駐車場)がなければ車を購入する事は現実的に無理な話なのです。

【いろいろな諸費用】
上記であるように、自動車は簡単に購入できるものではありません。
自動者は、交通渋滞や排ガス問題など社会に与える影響も大きく、自動車を所有する人はいくつかの大きなマナーを守らなければなりません。

まずは、所有するにあたっての保管場所、すなわち車庫(駐車場)を登録しなければなりません。
また、所有する車両を登録し税金(所得税)を支払い、定期的に点検(車検)を受けなければなりませんし、保険(自賠責保険)に加入しなければナンバーを取得する事もできません。

通常、このような手続きは各販売店で代行して行ってもらいます。
その際には、手数料が発生しますが、手数料は各販売店ごとで異なりますから、契約時に詳しく確認して下さい。

以下はある中古車を買った際に必要となる可能性がある諸費用です。

《諸費用の例》
 [手続き代行費用]   [預り法定費用]
 ・登録届出費用     ・所得税
 ・自賠責未経過     ・自動車税
 ・自動車税未経過    ・重量税
 ・公正証書作成     ・自賠責保険
 ・行政書士料      ・任意保険
 ・車庫証明費用     ・登録届出費
 ・ローン取り扱い費   ・車庫証明費
 ・査定料        ・下取り手続費
 ・納車費用       ・リサイクル預相当
 ・環境整備費      ・JAF加盟料
 ・持込代行料      ・希望ナンバー代

と、車を購入するにはいろいろな所用費がかかります。
もちろん、上記にある所用費は全てかかるものではありませんが、どんなに車自体が安くても、車を乗るまでにはいろいろなお金がかかることを覚えておいて下さい。

Yahoo!News

Copyright © 車購入前に知っておきたいこと, All rights reserved.